自己啓発本は読んでも意味がない?【結論:3冊読めば十分】

自己啓発本 選び方

こんにちは。ごちゃんです。

今回は

悩む人のイメージ
自己啓発本ってめちゃくちゃ多くて、どの本を読むか正直迷っちゃう。
どんな基準で選んで、どれくらい読むと自分を変えることができるのかな。。
このような悩みを解決します。

本屋さんへ行くと、『自己啓発本』はかなり目立つところに置かれていますよね。

ランキング形式でディスプレイされてたりもします。

それだけ需要があるということ。

 

自分を変えたい!行動を変えたい!

マインドが落ちている時はついつい手に取ってしまいませんか?

僕も実際そうでした。

 

結論として、『自己啓発本』は必要だと思います。

但し、3冊読めば十分です。

 

なぜそうなのか本記事では僕の体験も踏まえてお伝えしますね。

僕は月10冊くらい、年間100冊以上は読書に時間を費やします。
最近ではKindleやオーディオブックも活用しています。
因みに自己啓発本は昔から大好きな人間です。

 

読むだけなら100冊読んでも変わらない

読むだけなら100冊読んでも変わらない

100冊読んでも行動に移さなければ何もかわりません。

これは、当たり前と言えばそれまでですが

本記事の核心です。

100冊分のインプットをしても、アウトプットしなければ現実は何もかわりませんよね。

読んで満足、変わった気がする。

そしていつもの日常が繰り返される。

大体そんな感じになって、また暫くしてから本屋さんで自己啓発本を手にする。

もう永久ループなんです。

 

自己啓発本を読むことで得られる効果

自己啓発本が必要と言える理由。

それは、背中を押してくれるきっかけを与えてくれるからです。

言い換えればチャンスと言ってもいいでしょう。

沈んだマインドを上げてくれる効果もあります。

せっかく得たこのチャンス。

活かせず、スルーして終わりたくないですよね。

 

自己啓発本の選び方

自己啓発本の選び方

では、どんな本を選ぶのがいいのかポイントを2つお伝えします。

○ 尊敬する人、憧れる人が書いている本

○ 具体的実現方法が書かれている本

 

買ったはいいけれど、本を読み進めるうちに、飽きてたり諦めてしまう。

これでは本がどれだけ良い事を書いていても身につきませんね。

 

憧れている人、尊敬する人ならば、同じようになりたいと思いますし、その人がしている行動は真似したいと思えるはずです。

そして将来の自分を重ねやすい。

このイメージできることが大事ですね。

 

行動を起こすために必要なのは、イメージが湧いているかどうかです。

逆を言えがイメージ無くして行動はないでしょう。

 

そして、自分にもできる実現可能な方法であることです。

よく「仕事を辞めて、本当にやりたいことを・・・」的な言い回しはよくあります。

もちろん実践できればいいのですが、ハードルが高すぎて諦めてしまうこともあります。

 

ですから、自分にもできる内容が書かれている本を選んだほうがいいでしょう。

中身までは詳しくわからない場合は、目次だけみるという方法もあります。

Kindle版では試し読みもできますから、大まかな内容が把握できるはずです。

 

自己啓発本は3冊以内でいい理由

なぜ3冊読めば十分かというと

最終的にはどの本も同じようなことを言っているからです。

エピソードは違えど、基本「自分で行動を起そう」ということを伝えたいのです。

1冊読んでその著者に共感し、別の本が出版され買って読んだら、「あれ、前にも同じようなこと言ってるな」ってこと実際よくありますよね。

 

でもこんなに『自己啓発本』が売れているのは、行動を起こせない方がたくさんいるからです。

 

だからといって

「行動を起こせない自分はダメだ・・・」

そんなふうには思わないでください。

人は本能的に安定を求める生き物です。

しょうがないことですし、みんなそうなんです。

 

だから少しでも小さな事から行動を起こし、それができたのなら自分を褒めてあげましょう。

 

自己啓発本は読んでも意味がない?【結論:3冊読めば十分】:まとめ

自己啓発本は読んでも意味がない?【結論:3冊読めば十分】:まとめ

たくさんある中で自分に合った『自己啓発本』を見つけることはなかなか難しいですね。

とういより、正解は無いですし、手にとって選んだ本が自分にとって最良の本と思っていいと思います。

選ぶポイントは前述した以下2つです。

尊敬できる人や憧れている人が書いてる本

具体的な実現方法が書かれている本

 

僕なりのコツは【読みながら即実践】すること

 

読んでる最中からいいと思ったことは即行動に移しましょう。

もし小さなことでも効果を実感できたとしたら、最後まで読み切れるでしょうし

変われたならもう他の本はさほど必要なくなるはずです。

 

おすすめの2冊

サイトを検索すれば、星の数ほどおすすめ本は紹介されています。

中には「おすすめ50選」など・・・

もうどれにするか迷っちゃいますよね。

参考としてみるのは楽しいんですが。。

 

最後に僕なりによかったなと思える本を2つだけお伝えします。

 

夢をかなえるゾウ

『夢をかなえるゾウ』はドラマ化もされましたし、ご存知の方も多いかもしれませんね。

まだ読んだことのない人、本を読むことが苦手な人には特におすすめです。

人生で大事なことを伝えつつもコミカルに物語が進んでいくのと、何気なく普段実践できる課題が書かれています。

 

ポジティブ・チェンジ

『ポジティブ・チェンジ』はご存知、メンタリストDaiGoさんの著書。

まず、なぜ変われないのか、どうして行動できないのか、その本当の理由からはじまり、

人生を劇的に変える7つのスイッチとトレーニング方法を教えてくれます。

 

この2冊を読んで、もう一冊あなた自身で探してみるのもいいかもしれませんね。

同じような内容でも、ちょっと違う角度から伝えようとしている本でもいいと思います。

 

僕のサイトでは、他にも本を紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

手にとったその本を読み、即行動に移せれば、それはきっとアナタをより良い方向に導いてくれる本に違いありません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この名言いいね!
↑まだ0いいね!です。良い記事でしたら最初の「いいね!」をお願いします。
読み込み中...
NO IMAGE